湘南美容外科での脱毛の施術の痛みってどんな感じ?

医療レーザー脱毛で脱毛を行いたいと思っていても、痛みが強いと言われると契約をすることを躊躇してしまう、ということがあると思います。
確かに脱毛エステやエステサロンでの施術よりも医療レーザー脱毛の方が痛みが強いです。
しかし最近では痛みもかなり緩和されるようになりました。

湘南美容外科での脱毛ももしかしたら最初は痛いと感じるかもしれません。
それでも施術回数を重ねれば痛みも気にならなくなる、という人が多いです。
痛みに対して慣れが出てくるのです。
ですからあまり不安に思わなくても大丈夫です。

痛みを緩和させるためにしっかりと冷却をして、その上で医療レーザーを照射をするという手順で行ってくれます。

湘南美容外科ではVIOラインの脱毛に対して、ハイジーナ脱毛を導入しています。
VIOラインの脱毛というとお肌もデリケートということがあるので、痛みが強くなってしまうのでは、と不安に感じるでしょう。
ハイジーナ脱毛は従来のVIOラインの脱毛よりも痛みが少ないと言われています。
もちろん、痛みの感じ方には個人差があるので、痛いと感じる人もいるかもしれません。
その場合には、レーザー出力のレベルを下げてもらうとよいです。
レーザー出力が強いと、どうしても痛みも強くなってしまいます。
出力を下げると脱毛の効果も落ちてしまいますが、それでも我慢できないようであれば、出力を下げて処理を行ったほうがよいでしょう。

また湘南美容外科では施術の際の痛みを緩和させる方法として、施術中に冷気をあててくれます。
この冷気のおかげで痛みもかなり緩和されます。
それでもまだ痛みに対して恐怖心があるのならば、麻酔を使ってもらうとよいでしょう。

塗布するタイプの麻酔薬があるので、それを使ってから医療レーザー脱毛を行うとよいです。
麻酔薬を使うことができるのは、医療機関ならではです。

もしも、脱毛の際にお肌にトラブルが生じた場合には、クリニックなので迅速に対応をしてくれます。
そこもまた湘南美容外科で脱毛の施術を受ける安心感につながります。
VIOライン以外の部位の脱毛であっても、痛みを緩和させる処置をしっかりと行ってくれるので、思った以上に痛くはなかったという人がほとんどだそうです。
不安がある場合にはカウンセリングの際にしっかりと話をしておき、痛みに弱いということを伝えておくと、対応をしてくれるので、安心をして脱毛の施術を受けることができます。
医療機関だからこそ出来る対応もあります。